質より量の効果的な復縁メール頻度

質より量の効果的な復縁メール頻度

別れた恋人と復縁を望場合、わずかな縁でも残しておきたいと思うものです。
電話は直接的過ぎて敷居が高い、そうなると便利なのはやはりメールです。

 

相手の反応が、メールの場合明確に分からないことから傷つかなくて済む反面、相手によってはうんざり感を与えることがあるのもメールのデメリットです。

 

そして、メールの頻度は相手のタイプによって明暗が分かれるので注意が必要です。

 

元々、お付き合いしている頃からマメな彼であったのならば、頻繁のメールは苦にならないことが多いでしょうが、それも別れた経緯によって変わります。
完全に、あなたを拒絶しているような場合、例えばメールを送っても全く返信が無かったり、また冷たい感じのメール返信であれば、一ヶ月に一回くらいに留めておくのが無難です。

 

 

また向こうから頻繁に来る機会を待つのが得策です。

別れた後であっても、寂しがりやで人恋しさからメールを送ってくる彼もいるかと思いますが、ここはあえて尻尾を振りすぐにメール返信するのはぐっと堪えて下さい。
相手から来るメールの半分くらいの返信が、かえって相手の気持ちをひきつけることがあります。
ここは駆け引きでもあるのですが、絶妙なタイミングをねらって効果的な文章のメールを送りましょう。

 

 

量より質を心掛けたメールが吉となります

相手から普通にメールが来る場合は、向こうから振った場合ですと確立がかなり低く、もしあったとしても何かしら利用されていることが多いので舞い上がり過ぎ無いよう注意しましょう。
メールはあくまでも手段なので、用も無いのにだらだら送り続けるのは悪い印象を与えます。
返信も、来ることもあれば来ないこともある場合は、来ない場合にどのようなメールを送ったのか分析することが大切です。

 

おわりに

自分本位のメールではないか、相手を振り回すような内容ではないか、何かしら相手をうんざりさせる要因が詰まっていることがあります。
男性の多くは、いちいち指摘するのが面倒であれば無視をするという手段を取ることが多く、それは無言の拒絶です。
無言の拒絶に出会ってしまったのなら、一度しっかり頭を冷やして、冷却期間を置いた後によく考えたメールを送るように心掛けましょう。
メール好きの相手ならば、別れたとしても週に2から3回くらいのメールは多いとは思いません。
なんとなく暇つぶしの会話から始まり、何かのきっかけでよりが戻ることもあるのでそのチャンスを逃さないようにしたいものです。

復縁体験談

 

恋愛の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

恋をしていると様々な苦難や事件が起こります…

人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

▽サイトをランキング形式で見てみる▽