心理学のテクニックを応用して復縁する

心理学のテクニックを応用して復縁する

復縁を考えている人にとって、心理学のテクニックを応用してみるのも一つの手段です。
できることは試してみたい、と思う人は参考にしてみるとよいでしょう。

 

段階を踏んで徐々に受け入れてもらうテクニックーフットインザドア

Foot-in-the-door(フットインザドア)とは開いたドアの隙間に足を踏み入れるという意味で使われます。
これは心理学のテクニックとして有効な手法の一つでもあります。
相手に受け入れてもらえそうな些細な要求から始めて、次第に大きな要求をし最終的に相手に受け入れさせるという心理学のテクニックです。

 

「ほんの少し10分だけでいいから話をしましょう」
「連絡先のメモだけ受取っておいてください」
といったような相手が了承しやすい小さな要求を出していくのです。

 

このような小さな要求であれば相手も受け入れやすく、心の象徴でもある「ドア」をほんの少し開けてくれる状態になります。
そして、そのドアの隙間にほんの少しでも足を踏み入れる事に成功すれば、そう簡単にドアは閉められませんので、次第に大きな要求を試みていくのです。
一旦要求に了承している相手には、それを覆すことが難しくなりますので、最終的に大きな要求も受け入れる確率が高くなるのです。

 

 

拒絶承知の上で真の要求を受け入れてもらうテクニックードアインザフェイス

Door-in-the-face(ドアインザフェイス)とは、目(顔)の前でドアをバタンと閉め拒絶するという意味で使われます。
最初から拒絶されるのは覚悟の上で、受け入れてもらえないよな大きな要求をし、少しずつ小さな要求に変えていきます。
そして最終的に本当の要求を受け入れてもらう心理学の手法です。

 

復縁したい相手に「もう一度やり直したい」と直球で要求を伝えればもちろん断られる確率は高いでしょう。
要求を断った相手は罪悪感を感じます。
その後は、
「それなら、あなたの好みのお店を見つけたらか一回行ってみない?」というような本当の要求に近づけていくのです。

 

断られるのを覚悟で真剣な態度で最初の要求を出す事で、断った相手は罪悪感を感じていき、最終的な本命の要求を受け入れる確率が上がるというわけです。

 

 

錯覚心理を利用するテクニックーつり橋効果

つり橋効果という言葉はよく聞く言葉ではないでしょうか。
その名の通り、つり橋のような不安定な場所=不安や恐れを感じている そんな時に出会った人に好意を持ちやすいといった心理的効果です。
一種の錯覚なのですが、外から起こりうる恐怖や不安と要素が刺激し、ドキドキする気持ちが恋愛感情と勘違いしてしまうのです。
アミューズメントパークにあるアトラクションや、ホラーやサスペンス映画など、ドキドキするような刺激がつり橋効果を引き出しやすくなります。

 

音楽についても同様な事がいえます。
ノリのいいリズムのある音楽を聴いて一緒に盛り上がる事で心拍数が上がり、それに釣られて、ドキドキする気持ちが高まるのです。
つり橋効果の作用で恋愛に落ちやすくなるのも心理学のテクニックの一つです。

 

おわりに

心理学のテクニックは復縁したい相手に効果的な手段として使うことはもちろん可能ですが、その人の性格やその相手が置かれている環境や状況を理解し把握する事が一番重要です。
使う方法を誤ると逆効果になってしまう場合もあるので注意が必要です。
心理学を復縁に使用する時は、相手の分析を十分に行い、一つの手段として応用するようにしましょう。

復縁体験談

 

恋愛の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

恋をしていると様々な苦難や事件が起こります…

人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

▽サイトをランキング形式で見てみる▽